温暖化とは?
 温暖化とは、二酸化炭素を主とする温室効果ガスにより地球の気温が上昇する現象のことである。また、温度上昇のほかにも、北極の氷が溶け、海面が上昇する・気候変動が起こる・感染症の危険地域が広がる、など温暖化による影響は数多くある。また、急速な温度上昇には、温室効果ガスの大量放出や多くの森林伐採などの理由がある。


 
温室効果ガスとは?
 温室効果ガスというのは、地表で反射された紫外線の一部を吸収することで熱エネルギーの一部を地球外に放出させずに大気圏内に溜め込み、地球の気温を上げる働きを持つガスの総称である。
 もともと、温室効果ガスは地球の気温を下げすぎないようにするために、大気圏内に存在しなければならない物質であるが、近年は温室効果ガスの増えすぎにより、地球温暖化が起こっている。また、もし地球上から温室効果ガスがなくなった場合、地球の気温は−19℃になると考えられている。
 農作物を作るときに使用される温室と同じような効果を引き起こすガスということで、「温室効果ガス」と呼ばれる。
地球が温暖化することでなにがおこる?
 温暖化が起こると、どんな悪影響が起こるのか?
 一般的には、「気温が上がる。」や「島が沈む。」などが挙げられるだろう。では、そのほかにどのような影響があるのだろうか。主なものとして、
1、北極の氷が溶けることによる海水面が上昇する。
2、熱帯の地域で起こっていた病気の感染症の危険地域が広がる。
3、急激な温度変化により生き物の住める環境がなくなる。
4、3により多くの生き物が死ぬ。
5、ヒートアイランド現象がおこり、人々に(健康面での)大きな影響を及ぼす。
などがある。
ヒートアイランド現象とは?
 ヒートアイランド現象とは、温暖化の影響と人工排熱などがもたらす異常な温度上昇の気候変化のことである。名前の由来は、英語の[Heat island(ヒートアイランド)]直訳すると「熱の島」からきている。ヒートアイランド対策としては、緑化や不要な排熱を減らすといったことが行われている。
 ヒートアイランド現象は、都市の規模が大きいほど強い影響があるという傾向がある。
温度変化による水量の変化
 温暖化による影響として、海水面の上昇があるが、その原因は北極の氷が溶けるからだけではない。実験をすればわかるが、水は温度の変化により水自体の体積(量)が変わる。つまり、海水面の上昇には、氷が溶けるということと、さらに海水自体の量が変わるということが原因でおこると考えられる。

このページトップへ


BACK